主役

[これは誰の人生(ストーリー)

どうやって始まった世界

ここまで生き延びた、命で答えて---]

 

この一説は、私が好きな曲の一部である。

今日は、自分の人生の在り方について語ろうと思う。

 

自分の人生を台無しにするのは、いつも自分自身の考え方だと思う。

自分を苦しめているのは誰?環境、他人、障害。そんな言い訳をしてみた。

言い訳をしてみたら、人生は楽になったか?そんな事はなかった。何一つ変えられなかったから。

環境---ここにいるから私は幸せになれない。

他人---自分を認めてくれない、虐げる人間がいるから、私は幸せになれない。

障害---普通の人間に生まれていなかったから、私は幸せになれない。

 

我ながらうんざりする。幸せになれない理由。

いつからか、幸せにはなれないことが決まっていたかのように。

生まれつき幸せはなかったように。

もう何もいらなかった。

望んでも崩れ去る希望。

立ち上がる意思を挫く魔物。

全てを失う絶望。

もしも生まれ変われるなら、幸せになりたい。

だけど、生まれ変わったところで、今のままでは幸せにはなれないだろう。

そもそも幸せなんて、与えられたものに対してついてくるものではない。

幸せを先に考えるから幸せになれない。そう思う。

幸せとは掴むものなんじゃないだろうか。

何も手に入らないなら望まない。そんな生き方から何が得られるのだろう。

全てを諦めた。なんて言っている人間が一番信用ならない。諦めきれてないから諦めた。なんて言葉を使うんだろう。

諦めたんじゃない。捨てただけだ。自分に言い訳して目を閉じただけだ。

何も見ないから傷付かない。

それは楽だろう。嫌なもの全部から目を反らせば。

楽をしたぶんだけ、代償は高くつく。

取り戻せない。そしてまた嘆くだろう。私には何もない。と。

馬鹿馬鹿しいし、呆れてしまう。

私を傷つけるのは、環境や他人や障害じゃない。

私を傷つけるのは私だ。

気づくしかない。自分の過ちに。自分の弱さに。自分の言い訳に。

 

これは誰の物語?

自分の物語だろう。自分で初めて、自分でつくってきた世界。

生きてきたのは自分自身。

どんなに嘆いたって、言い訳したって、人生は止まらない。命ある限り続いていく。

目を閉じても、物語は続く。立ち止まらない世界。

やれることをやらないと。

自分の可能性に賭けないと。

何も変わらない。変えられない。

目を開いて、進んでいこう。

これは自分の物語。

物語の主人公は自分なんだ。