爪痕

人生を生きているのか。

人生に生かされているのか。

ふとそんな疑問に思い当たった。

生きてるとはどういうことなんだろう。

生きてる心地とはなんなのだろう。

生きている。だけど何かが分かった訳じゃない。

生きててもただただ、時間を浪費しているだけだった。

何かをしたいと思っても結局、先送り先延ばし。気付けばケータイやパソコン。どうでもいい事に時間を使って、やりたいこと、やらなきゃいけない事に手を付けられず。

そうやって生きてる時間。私達の生のタイムリミットは悪戯に消費されていく。

こんな事では駄目だ。次からは、時間を有効に使おう。次からは、やるべき事をやっていこう。

誓いを立ててみるものの、結局それは果されない自分との約束。

今日出来なかったことを、明日の自分に押し付けたって無駄。

今日できないなら明日もできない。今日を変えなきゃ明日は変わらない。

そんな単純な事にいつになったら気づくんだろう。

時間を潰すのは簡単だ。ケータイやパソコン、ゲームにギャンブル。なんでもある。簡単に時間は浪費できる。

時間を浪費している私達は観客だ。

誰かが提供するショーに時間を払っているだけ。

自分は観客。いつも人に楽しませてもらっているだけ。

人生だってそうだ。

受け身でいるから、自分の人生すら自分は観客を演じる。

傷付かないように、諦めがつくように、自分に言い訳しながら生きている。

駄目なら仕方ない。今度頑張ろう。

人生は他人事か。言い訳ばかりの人生で納得できるのか。

でも仕方ない。仕方ないのだ。

時間を浪費している内は人生の観客だ。

 

何かを残さなきゃ人生は空虚だろう。

何かを残す。自分の生きた証を。

何かを成し遂げなきゃいけない。

いつまでも人生の観客じゃいけない。

生まれてきたからには何かを成し遂げなきゃ。楽しませてもらう為に生まれてきた訳じゃないはずだから。

人は人の為に生きている。

だから誰かの為に何かを成し遂げなきゃいけないと思う。

生きてる実感。生きることのできる時間。

生まれて死ぬまでの時間をいつまで無駄にするつもりなんだろう。

今、やらなきゃいつまでたっても変えられない。時間は限られているから。

生きているなら、何かを成し遂げる。

人間として生まれてきたなら、何か1つでも成し遂げなきゃ。

後悔したくないから。