新卒で入社した会社を辞めるまで part.18

転職先が決まった事を早速親に報告する。

親は喜ぶだろうと思っていたが、

次はちゃんと続けなさいよ!

とダメ出しされただけだった。

ちゃんと転職先を決めて仕事を

やめるのだからちゃんと

褒めてほしかったのに。

 

まぁ親に小言を言われても、

僕は今の仕事からの開放の方が嬉しく、

気にならなかった。

 

次の日、

仕事が終わり会社の事務所に寄った。

気持ちは変わらないかと

社長に聞かれたので、

申し訳ないですがやりたい仕事が 見つかったので、挑戦したいんですと、

まさに嘘八百を説いた。

社長は残念そうに、そうか仕方ない。

と諦めてくれた。

しかし、会社を辞めるには

1ヶ月は残ってもらわないと困ると言われ、

1ヶ月は仕事に残ることになった。

いや僕も困る。

新しい会社には

2週間後には出社すると

伝えてしまっていたから。

 

僕は、転職先の会社に

1ヶ月は今の会社で働かないと

辞められないと伝えた。

転職先の会社は快く了承してくれた。

あと1ヶ月耐えれば地獄とおさらばだ!

 

僕はこの日から背中に羽が生えた気分で、

空だって飛べそうなくらい

有頂天になっていた。

 

しかし、次の日にまた会社の

事務所へ呼び出しが掛かった。

社長は困った顔をして、

僕にお願いをしてきた。

僕がやめる代わりに、

新しい人を紹介してもらえないかと

言うことだった。

 

一体なんのことかと思ったが、

そういうことか。

そうだな…好きじゃないけど、

お世話になった企業だったし、

友達に会社を紹介するくらいならいいか…。

 

最後に義理を果たすために、

僕は正社員で働きたがっていた、

友達を一人紹介することにした。

どうやらその友達は、

すぐに採用が決まり、

僕がやめる日と入れ代わりで、

入社が決まった。

 

長く感じた、最後の1ヶ月間の仕事も、

残すは2週間となった時、

僕の先輩である、

おっさん二人が

僕があと2週間でやめることを知った。

 

[退職まで残り14日]

 

次回ラスト