いつか自由になるために

 

人が自由を感じる時は、

どんなときなんだろう。

 

好きなものを自分の意志で、

選べることだろうか。

 

自由になりたいと願う人は、

何故自由ではないのだろうか。

 

誰かに自分の意志を奪われているから?

 

どんなに望んだって、

何も手に入らないなら、

それは不自由だと言えるのだろうか。

 

手に入れる事だけが、結果なら、

自由とは、

何かを手に入れる事なのだろうか。

 

どんなに望んだって手に入らないなら、

それを諦めることは、

自由を奪われたってことなんだろうか。

 

きっと、それを諦めたのも、自分の選択。

いつだって自由は僕らの選択の中にある。

 

自由じゃないと考える。

そう考えることも自由。

 

どんなに足搔いたって、

苦しんだって、

それは自由なんだ。

 

願うことが意志の始まり。

自分の意思を持つことは、自由の始まり。

 

自由とは不自由。

不自由こそが自由。

 

誰かの声を聴くのも自由だし、

無視するのも自由なんだ。

 

どんなに逃げても隠れても、

そこから引きずり出される。

 

自由は責任を取らない。

責任は自分の意志にかかっている。

だから、逃げても隠れてもいい。

そうして僕らは強くなる。

 

誰もいない道の途中で、

恐ろしさを覚えた日。

 

その恐ろしいと思った道の途中で、

出会えた感情だけは忘れないで。

その感情こそ、自由を感じる一歩だから。

 

誰かに負けそうになっても、

自分を押し殺さないで。

最後まで一緒にいるのは自分の心だから。

 

心は自由で、その心を守るのが自分自身。

自由を守るために、

自分の感じ方を変えていく。

そうして人は強くなっていく。

 

自由を求める必要はない。

僕らは最初から自由だ。

勝手に不自由だと思い込んでいるだけだ。

 

自由は辛くて苦しい。

だけどそれらを受け入れていくことで、

命は輝く。

 

もう、何も恐れなくていい。

ただ生きて進んでいこう。

僕らは最初から自由だ。