幸せになりたかったと思うこと

 

自分にとっての幸せと何なのだろう。

最近の日々の中でそう考える事が増えた。

 

幸せになりたいと人は言うけれど、

その幸せとは一体何なのだろう。

 

幸せになりたいって呪文のように

言う人達がいるけど、

何が自分にとっての幸せなのか、

はっきり答えられる人は、

どれくらいいるのだろう。

 

多分、ただ幸せになりたいと、

思っている人は、

幸せになれない。

 

なぜなら、

幸せの基準が分かっていないから。

自分がどうなれば、

幸せなのか分からないから。

 

いまが幸せだと思える人と、

ただ幸せになりたいと願っている人には、

大きな違いがあると思うんだ。

その違いは、自分自身の気の持ち方だ。

 

幸せになりたいと思うことは、

悪い事じゃない。

そうやって漠然とした、

幸せを探している人も、沢山いると思う。

 

だけど幸せって、

これが幸せなんだって、

決められるものではない。

人によって幸せって全然違う。

 

僕の場合は、

人が経験できないようなことを、

自分が経験できると、

幸せを感じることがある。

 

それとは逆で、

平穏な普通の日常が、

幸せだという人たちも沢山いる。

 

幸せの形は本当に

いろいろな形を持っている。

 

他の人達が幸せだと感じることに、

幸せを感じられないのはどうしてだろう。

それこそ幸せになれるか、

なれないかの分岐点だと思う。

 

幸せとはその人の考え方次第で変わる。

だから今を幸せに感じることも出来る。

幸せじゃないのは幸せにならないように、

自分が仕向けているだけだと、

僕は考えている。

 

幸せになりたいって思った瞬間、

僕達はすでに誰かと自分を比べ始めている。

人と比べているから、

幸せになりたいってことを、

考えてしまっている。

 

何故、幸せじゃないのか?

そんなことは考えなくていいはずだ。

人を羨まなければ。

 

自分を不幸にするのは、

いつだって自分自身の考え方だ。

 

幸せになりたいなんて、

考えるのはやめにするべきだ。

 

自分の思い通りにならないのは、

いらない情報まで、

自分に吸収しているからなんだ。

 

1つのことを、

深く考えすぎてはいけないと思う。

深く考えると必ず、

悪い事も沢山、知ってしまう。

知りすぎるのはかえって自分を苦しめて、

身動きが取れなくなってしまう。

 

周りを、気にしすぎてはいけない。

周りと比べることなく、

幸せの意味を考えると

最後には、生きているだけで、

幸せなんだと思える。

 

幸せか、幸せじゃないか。

そんなことを、

悩むことが出来るのも、

幸せだと感じることが出来る。