やり抜くという執念を持って立ち向かう

 

何かを志すのは簡単だと思う。

だけどそれをやり抜くのは難しい。

どんなに意味のある事だと、

自分が分かっていたとしてもだ。

 

僕はいつも何か目標をすぐに立てるが、

なかなか続かない。

 

なぜか分かっている。

執着心が足りないからだ。

絶対に諦めない、

なんて考えたことなかった。

 

駄目だったら仕方がなかったとか、

向いていなかったとか、

そんなふうにしか思わなかった。

 

いつの間にか、

自分の人生に折り合いをつけながら、

生きてきた。

 

いつだって上手な諦め方を考えていた。

どんなに頑張ったって、上には上がいる。

だから頑張っても無駄なこともある。

 

きっと自分には向いていなかったんだ。

だから他のことを探そう。

大丈夫。次は上手くいくよ。

 

自分を慰め、

駄目だったことはすぐに忘れてしまう。

それが僕の上手な生き方だった。

 

諦めたくない。

そう自分に言い聞かせないと、

人生は諦めの連続になると思う。

 

どこかでそのことに気づかないと、

一生何かを成し遂げることは、

出来ないとさえ思う。

 

何かを成し遂げる人には、

絶対に譲らないという執念がある。

誰が何と言おうと、

自分を信じて貫き通す力がある。

 

自分の考え方で人生は悲劇にもなるし、

喜びに満ちたものにもなる。

 

幸せになりたいなら、

人と自分を比べないことだ。

比べれば必ず苦しむことになる。

 

人と自分を比べること自体が、

逃げ道を探す入り口になる。

人と比べそうになったら、

過去の自分と今の自分を比べてみるといい。

 

昔の方が良かったって思えるなら、

そんな生き方もできるということだ。

過去の自分が出来ていたんだから、

今の自分に出来ないわけがない。

(病気や事故は除いて)

 

今の自分の方がましだと思うなら、

間違えなく自分は前進している。

今やっていることは無駄にはなっていない。

 

何かをやり始めて、諦めそうになったら

何かをやり始める前の、

過去の自分と今の自分を比べてみること。

 

何もやらなかった自分より、

何かを始めた自分の方が、

立派だと思えるはずだ。

 

ならこれからも頑張っていることを、

続けるべきだ。

また苦しくなった時、

昔より前進していると思えるはずだ。

 

昔の方がましだったと

思える時まで続けることだ。

 

自分がやろうと思って始めたことだ。

昔より成長出来ていることに、

ちゃんと気づくことが出来れば、

まだ続けてみようと思えるはずだ。

 

それの繰り返し。

 

自分の成長を振り返ることが、

執念深く物事を続ける基礎になると、

僕は分かった。