何者にもなれなくていい、生きてさえいれば

 

僕はずっと、

自分が何者なのか分からなかった。

 

一体僕は、何のために生まれ、

何をするべきなのか。

 

いままでずっと、分からなかった。

一体僕はなんで生まれたのだろう。

 

人は生まれて死ぬまでの間に、

1人1人なにか使命を持って、

生まれてくると聞く。

 

そして、その使命が終わるまでは、

死ぬことは出来ないらしい。

 

いま生きている僕たちは、

まだ自分の使命を果たせていないから、

生きているともいえる。

 

天災や自殺なんであれ、

死んでいった人たちは、

使命を果たした人たちだと僕は思っている。

 

よく死にかけて死ななかった人、

自殺しようとしても死ねなかった人が後々、

自分のことを振り返り、

あの時、私は「生かされてしまった」

という表現をする。

 

僕もその人たちは、

自分の運命に、

生かされてしまったのだと思う。

 

どんな死に方であれ、

この世を去った人は、

何かしらの使命をちゃんと全うしたのだ。

 

どんな人物であれ、

その人が人々に残したもの。

怒りや、悲しみ、幸福感。

 

それを人々に残すことが、

使命だったんだと僕は思うんだ。

 

人間にとって、

死とは逃れられないものであり、

一番の恐怖である。

 

自分の周囲の人の死は、

僕らに何を残してくれただろうか。

 

尊さや、思い出。

いろいろな感情が巡ってくると思う。

 

その人が自分にとって、

大切なら大切な分だけ、

心の穴は大きいと思う。

 

僕も高校の頃に親しかった、

同級生が自殺してしまった過去がある。

 

その友人はある精神障害でにかかっていて、

それに耐え切れなっかたのだった。

 

僕は、そんな状態に、

友人がなっていたなんて分からなかった。

 

もし分かっていたら、

その友人を救うことが出来たのだろうかと、

考えることもある。

 

だけど、救えるか救えないか。

それを考えても、

後の祭りなのだと時間が経って気づいた。

 

その友人から、死ぬということは、

多くの人々に悲しみと、

申し訳ない気持ちを、

与えてしまう事なんだと教えてもらった。

 

僕も死んでしまった方が、

楽かもしれない。

そう考えてしまうことがある。

 

だけどその友人の家族をみると、

いたたまれない気持ちがこみ上げてくる。

 

死とはこれほど多くの人の心に、

深い傷を負わせてしまうのだと分かった。

 

だから死んだら楽になれるなんて、

おこがましい考えだと改めて気づかされた。

 

自分が死んだ後のことなど、

自分が辛い時に考えたことがなかった。

だけどそれに気づかされた。

 

僕らは生きている。

いや生かされている。

きっと自分の使命がある限りは死なない。

 

どうして生きているのか。

それは死ぬまで分からないかもしれない。

 

だけど生きているなら、

その使命の最後を見届けたい。

 

死ねないから生きる。

それも結構だと僕は本当に思う。

 

どんなに苦しくても、絶望の中にいても、

死ねないのは死ねない理由があるんだ。

 

だから生きているなら、

生かされたまま進むしかない。

 

神は乗り越えられる試練しか、

その人に与えないという。

 

僕の生きづらさも、

乗り越えられる壁なんだと信じている。

 

何をすればいいのかも分からなくて、

人生に絶望を覚える事も何度もある。

だけど生きているなら、

まだ使命が残っているということだ。

 

自分の人生をちゃんと、

見届ける義務が僕らにはあるんだ。

 

だから、、、

僕は何者にもなれなくていい。

生きていればいい。

 

何者になれなくても、

笑って過ごせればそれでいい。

 

悲しくても、怖くても、

絶望したって、悲しい顔をしない。

 

感情に落ちつぶされないように、

自分に笑っていこうと呟いている。

 

笑っていれば、心が段々晴れていく。

笑顔は人々を笑顔にする。

 

どん底だと感じた時ほど笑うべきなんだ。

笑えば気持ちは落ち着いていく。

 

落ち込んでいる自分に言い聞かせよう。

さあ笑っていこう。