何かを続けることで人は変われる

 

何かを続ける事。

それはすごく努力が必要なことだと、

この頃は痛感した。

 

僕は休職をして2カ月経って、

このままでは駄目だ、

ちょっとづつでも何かを行動しないと…。

 

そんな気持ちから、

始めたのがこのブログの始まりだった。

 

僕にとって何かを始めるのは、

苦にはならなかった。

自分が少しでも興味を持ったら、

すぐに始めてしまう。

 

そんな思い立ったら行動する人間なので、

すぐにいろいろなことを始めてしまう。

 

だけど、目移りも激しく、

1つのことを続けるのがとても苦手だ。

 

こうやって始めたブログも、

今日はいいかな…

なんて書くのを辞めそうになることも、

何度もあった。

(まだまだ始めて2週間くらいだが…)

 

ほとんど同時に始めた勉強もそうだ。

今更、勉強なんかしても、

その分野を新卒から

仕事でしている人間には、

敵わないだろうし、

勉強しても無駄だろう…。

 

そうやって自分に言い訳して、

辞てもいい理由を探すばかりしていた。

 

始めてもすぐに結果が出ないことは、

どうしても続けづらい。

 

文章は見てくれる人がいなければ、

ただの文字の陳列ともいえる。

そんな文章を書き続ける意味を探すより、

辞める理由を探す方が簡単だった。

 

いままでの人生もそうだ。

興味が湧いたものを、

ちょっと初めてみては、

努力を積み重ねる前に、

ネガティブな感情ばかりが反芻されていた。

こんなことを続けていても仕方ない。

頑張っても上には上がいるんだ。

どうせ僕には才能なんかないんだ。

 

そんなふうに自分に辞める理由を、

無意識のうちに植え付けていた。

 

なんで続けることに、

意味を見いだせなかったんだろう。

 

だから僕は、

続ける意味を探すのを辞めることにした。

 

続ける意味を探すと、

必ずある壁にぶつかってしまう。

その壁の正体は、人との差だった。

 

なにかを続けていると、

どうしても周りが気になってしまう。

例えば、仕事の勉強をしているならば、

僕は本当に今勉強していることを、

この道のプロの人達のように、

仕事として活かすことができるのだろうか?

 

全然勉強できていないかもしれないと感じ、

周りの人のことを調べてみると、

周りの人は10時間も、

勉強しているなんてことを知る。

 

人と比べれば比べるほど、

自分の足りない部分ばかりに、

目が行ってしまう。

 

文章を書くことでもそうだ。

文章を書いていると、

どうしても自分の書き方の癖が出てしまう。

それのせいで、

自分の文章は下手くそだと感じてしまう。

 

他の人の文章なんかを見ていると、

こんなに読みやすく、

引き込まれる文章を書けるなんて…

と思うことがある。

 

他にも、ブログを始めたばかりの人なのに、

自分よりも多くの人が、

その人の文章を読んでいて、

悔しい気持ちになることもある。

 

人と比べ始めると、

人より悪いところばかり、

探してしまう自分がいる。

 

人より上手くなれないなら、

辞めてしまった方がいいと感じてしまう。

 

そしてまた何か別のことに、

興味を持つが続かない…

 

そんな繰り返しだ。

 

この繰り返しから逃れるためには、

同じことを繰り返さない努力を、

するしかないようだった。

 

どんなに僕が文章に才能が無くて、

他の人達より

読んでもらえないような文章でも、

書き続けることだけを目標にした。

 

1日に1つのテーマを書き切る。

それがどんなにチープな文章でもだ。

 

きっと僕は、

続けること以外で別の答えを、

探すのは無理だと感じている。

 

いま文章を書くことに、

意味を見出そうとすれば、

きっと書けなくなると思う。

 

文章を書くことに疑問を持つ前に、

机に座って書き始める。

 

考える猶予を自分に与えないようにした。

感情より行動を優先する。

 

そうしないとまた、

何も続けられない自分に戻るから。

 

僕はこの文章を書き続けることで、

心がついていかなくても、

行動で続ける事を学ぶことが出来た。

 

きっとこのブログを続けていく中で、

ちょっとずつ僕は変わっていけるだろう。

 

何かを続けられるということは、

自分が続ける方法を、

知っているからだと僕は思う。

 

どんな人も続けることに、

不安を感じたり、

億劫になったりしていると思う。

 

それは人と比べてしまっているからだ。

続ける意味を感情で考えてはいけない。

体を動かし行動するしかないと感じている。

 

どう感じたって問題ない。

どう行動したかが大切なんだから。

 

行動し続けていく中で、人は変われる。

 

何かを続けられる自分に、

自信が持てるようになる。

 

心より先に体を動かす。

 

そうすれば僕らは、

昨日より確実に前進できている。

 

それが自分を変えていくことに

通じていくんだ。