昨日と矛盾することをはいけない事なのか

 

昨日言っていたことと

今日言っていることが違うじゃない。

昔から僕はこんな風に、

人に言われることがある。

 

そんなこと言ったっけ。

残念なことに昨日言ったことを、

ちゃんと覚えていないのだろう。

 

そんな経験はみんなにもないだろうか?

いいや、そんな経験はないって?

 

でも、あちらこちらで

そんな経験があると言っている人も

いるみたいだ。

うん、そういうことにしておこう。

 

僕は典型的な物忘れが激しいやつだ。

自分でも嫌になるほど、

今まで散々忘れ続けてきた。

 

どんなことも大体忘れられる。

これなら履歴書にも書いてもいいくらいだ。

毎日、眼鏡やケータイ、鍵、財布。

何かをどこに置いたか

忘れることが得意です…と。

 

自分の言動が今日と昨日で

変わってしまうのも物忘れの

せいなのだろうか?

僕はとしては、

それは違うんじゃないかと思っている。

 

確かに昨日した約束を、

忘れてすっぽかしたりするのは駄目だ。

僕は人との約束は、

忘れないようにメモをつけたり

気を付けるようにしている。

 

僕が疑問に思うのは、

自分の気持ちが移り変わることだ。

 

人の心とは日々の気分で変わっていく。

例えば、昨日までダイエットするぞと

頑張っていたのに、

今日になってダイエットを

辞めた人がいたとしよう。

 

その人を傍から見た人は、

あの人は根性がない。

何をやっても続かない。

所詮は口だけの人。

なんて言われているかもしれない。

 

だけど、その人が本当に辞めた理由は、

その人しか分からない。

でも皆がこぞって、

その人の今だけを見て判断するから

仲裁の余地はないようだ。

 

その人は、もしかしたら、

ダイエットは体に悪いことだと

人から説得されて辞めたのかもしれない。

ダイエットの本を読んで、

ダイエットする必要が無い事を、

知ったのかもしれない。

 

人の気持ちは、情報や人の言葉に、

感化されて変わっていくものだ。

 

それなのに、

今までと変わってしまうことを、

人は良しとしないみたいだ。

 

よく恋愛相手に、

あなたは昔より変わってしまった。

と言われることがあった。

 

そんなことを言われる人も多いはずだ。

変わってしまったのは悪い事なのだろうか?

今までどおり変わらないことが、

本当にいい事なのだろうか…。

僕は違うと思う。

 

ずっと昔のままなんて、

とても耐えられないだろう。

 

考え方は日々の中で変わっていくものだ。

考え方が変わるのはその人が、

成長している証なのだ。

 

なのに、

それをあなたは変わってしまったと。

人は言ってくる。

変わることは悪なのかと言わんばかりに。

 

人は、人が変わっていくのを、

見ているとおもしろくない。

それは、変わりたくても変われない、

自分がいるからだ。

 

人は今より変わっていきたいと思っている。

いまの生活よりいい生活に。

いまの自分よりもっと素敵な自分に。

 

周りの人が変わっていくと、

変われない自分を見て、邪魔したくなる。

それは無意識のうちに。

 

周りが変わらないから、

変わらない自分にも安心できる。

みんな一緒だと。

 

よく人に影響されすぎ。

と茶化してくる人もいるだろう。

だけど僕は思う。

人に影響されない人は、

この世に一人もいないと。

みんな人に感化されているのだと。

 

TVを見て、あの人の言うことは一理ある。

とか、

本を読んでみて、この本は胡散臭い。

と思うことも、

全ては人に対して反応していることだ。

 

僕は本を読むといろいろな考え方の

人がいることに驚く。

こんな考え方をしてもいいんだ。

こんな風に思う人もいるんだな…と。

 

なのに現実では、

あなたはあなたのままでいいんだよと。

変わるのは悪い事なのだろうか。

 

自分の生き方を貫くのもいいことだ。

だけど、変わることを、

誰かに注意されても、恐れることはない。

 

昨日言ってた考え方と違うじゃん。

いやいや全然かまわないじゃん。

 

考え方が変わるってことは、

それだけ考え方の視野が

広がったってことなのだから。

 

変わらないことが悪い事ではない。

だけど周りを気にして変われないことは、

あなたの成長を、

自分で押さえている事と同じことだ。

 

遠慮なく昨日と違う考えをしてもいい。

成長している証拠なのだから。

 

矛盾は成長の証だ。