人とのズレを気にしないための1つの方法

 

悩めば悩むほど生きずらさを感じてしまう。

そんな僕らにたった一つのシンプルな

悩みを解決する1つの方法があった。

 

この方法を試したら、

生きずらいと感じていた日々から

解放されるだろう。

 

皆は生きずらさを感じる時とは、

どんなことがあった時だろうか。

 

人よりも上手く仕事がこなせないとき。

人からの注目を浴びたときだろうか。

それとも、

自信がなくて何もできないこと

だったりするのではなかろうか。

 

大丈夫。

 

そんな風に考えていても

自分を変えたい気持ちがあるのならば、

ぜひこの方法を活用してもらいたい。

 

生きずらさから自分を解放していく方法。

マインドフルネスだ。

 

マインドフルネスとは、

その時の自分の意識に気づくこと。

そして、その意識に価値判断をしないで、

ありのままに受け入れること。

 

例えば、人と話していて相手は

自分のことをどう思っているか

気になって仕方ないとしよう。

 

相手は自分のことを、

どう思っているのだろう。

もしかしたら、

相手は僕のことを変な奴だと

思っているかもしれない。

 

変な奴だと今まで思われてきたんだから、

この人も自分のことを変な奴だと

思っているに違いない。

 

そうやってどんどん、

悪い方向に物事を考えてしまうと、

そこから連鎖してしまい、

本当にそうなってしまう。

 

相手との話に集中出来ずに、

どんどん嫌悪感に苛まれしまう。

そんな気持ちでは、

相手との話の内容も忘れてしまうし、

相手から見れば、

私と話していてもこの人は上の空だな。

そう思われてしまう。

 

相手の反応は自分の心を

写している鏡のようなものだ。

 

そんな気持ちから抜け出す方法が、

マインドフルネスである。

 

マインドフルネスとは気づきである。

僕は無意識に、

自分は変な奴なのだと考えてしまう。

 

それは自分の過去の出来事を、

相手と話している時に

思い出しているからだ。

 

だから自分の心は、

相手と話していながらも、

過去を旅している。

 

その彷徨っている心に自分が気づき、

「あ、いま僕は自分が変な奴だと

思われる理由を探していた。」

ということに気づくことなのだ。

 

自分がいま何を考えていたかに

意識的に気づくことから始めよう。

 

いまの自分の意識に

気づくことが出来たのなら、

次はこう自分に言い聞かせよう。

 

「まあいいや。」

 

自分の気持ちに気づいて、

その不安な気持ちを抑え込むのではなく、

まあいいや、仕方ない。と言ってあげよう。

 

そうして、

そのネガティブな感情を責めずに、

ありのままで受け流す。

 

それこそが悩みに

足を突っ込みすぎないようにする

唯一の方法である。

 

これは諦めではなく受容と呼ぶ。

 

ありのままの自分を受け入れて、

変な奴だと思われても仕方ない。

こんなことを考える暇があったら

相手との話を楽しもうと意識を、

今に引き上げるのだ。

 

きっと最初は何度も何度も、

意識がいろいろなところへ

飛んでしまうだろう。

そのたびに何度も何度も、

自分の意識をいま起こっている事だけに

向けるように心掛ける。

 

そうすれば、

悩みが薄れていくのが分かるはずだ。

 

自分がどう感じているのかは問題ではない。

いま自分は何をしているか。

そのことに目を向けよう。

 

自分を責めなくてもいい。

「まあいっか。」

そう自分に言い聞かせて、

目の前のことに心を集中させよう。

 

そうすれば、

人生はずいぶんと楽になるから。