障害者雇用

久しぶりの記事になります。 今回は私の就職が決まりましたので、そのことを記事にしていきたいと思い更新しますね。 このコロナ禍での就職活動は非常に苦戦した。訳ではなくトントン拍子で就職が決まりました。 私が選んだ雇用は、障害者雇用(オープン)の正…

いつか

始まりればいつかは終わる それは物事の全てに当てはまる。それは決して、変えることのできないことである。 私は始めたらいつかは終わることを人との出会いや、仕事を通して学んできた。 始まりがあるから終わりに向かう。なら、何も始めなければ何も終わる…

世界で1人だと感じる人へ

世界では多くの人達が生活している 私達の周りにも、人は沢山いる 外に出れば必ず人に会うことになる だけど、同じ人だけれど、その人達が自分にとって何か特別な存在ではなく、ただそこにいる人達である どんなに多くの人とすれ違っても、それはただの同じ…

障害をギフテッドと捉えるために

ハンディキャップ(障害)は神様からのギフテッド(贈り物)だ!と言う言葉をよく耳にする。 そう捉えられることは、並大抵のことではなく、障害を持つ本人にとってはどうしても障害を足枷だと感じてしまうのが現実だ。 さて私の場合はもちろん最初は自分の障害…

明日をむかえる戦い

自分のことを発達障害と知ってから、もう随分たった。あの日からなにか変わっただろうか。 そう考えると心境の変化は大きく変わったと思う。しかしその心境の変化とは、発達障害が分かったからではなく、たぶん歳を取ったせいだろう。 その理由は、私は20代…

ENDLESS STORY

私は最近思うことがある。 人生はループしているんじゃないかと。 ずっと私は同じ場所をぐるぐる回っているように思う。 どうしてそう思うかというと、昔と同じことを繰り返していると思うからだ。 私は昔、社会に出てからすぐ仕事が嫌になり、恋愛に走った…

深淵

何かを手に入れるまでの過程を楽しめる人は幸せだ。自分の身の回りで起こる出来事に心が左右されないから。 逆に何かを手に入れられるか不安な人で、物事の経過を楽しめないのは、不幸だろう。一つ一つの出来事に心が揺さぶれ、自分が間違っているか間違って…

もう1度自分をやり直す。 だから進んできた。これまで。 とにかく何かを始めていく。何かを始めないと、何も変わらないから。 そうやって、進んできた。今も歩みは止めていない。 これからも、何かを始めれば何処かにたどり着くと信じている。 きっと歩みを…

破壊と再生

生きていれば、多くのことがある。 多くの経験が自分の血肉となって、力となるだろう。 いろいろなことを知れば、それだけ物事を俯瞰して見られるようになるだろう。 その繰り返しで自分は強くなれる。そう思っていた。だけれど、それは違うようだった。 物…

主役

[これは誰の人生(ストーリー) どうやって始まった世界 ここまで生き延びた、命で答えて---] この一説は、私が好きな曲の一部である。 今日は、自分の人生の在り方について語ろうと思う。 自分の人生を台無しにするのは、いつも自分自身の考え方だと思う。 …

寄り道

今日は自分が障害者になってから出来た彼女と付き合ってから別れたことを書きます。 自分が障害者と知って、私はもう誰かと付き合うことは無いと思っていました。 障害を持っている人間を愛する人などいない。私はそう思っていた。 きっと好きな人に障害のこ…

障害者就職説明会

今日は障害者の就職説明会に参加したのでその感想を書いてみようと思います。 障害者の就職説明会は、その名の通り、なんらかの障害を持っている方が実際に企業に会って就職面接を兼ねて行われる会である。 就職面接をするだけあって、その会に参加して企業…

生き方

最近はいろいろ悩むようになった。 自分はあの時どうすれば良かったのだろうと過去を振り返ることが多くなった。 あの時どんな選択をしていれば幸せになれたんだろうって考えてしまう。 だけど考えてみたって、何もかもが手遅れで、過去は変わらない。 過去…

自問自答会議

今日はいろいろなことを考えながら散歩しました。 それを整理するための更新です。 最近はいろいろ考え方が交錯している。 何をどうすればいいのか。自分の人生をどうすればいいのか。ずっと考えがまとまらないでいました。 だから、自問自答をずっと繰り返…

奪還

生きていればいろんなことがある。 いろんなことがあって、いつの間にかいろいろなものを得ていることがある。 ただ何を得たのか具体的には思い出せない。 成長とか、充実感とか、自信とか。人生が上手くいっているときにはいろいろなものを得ていると思う。…

爪痕

人生を生きているのか。 人生に生かされているのか。 ふとそんな疑問に思い当たった。 生きてるとはどういうことなんだろう。 生きてる心地とはなんなのだろう。 生きている。だけど何かが分かった訳じゃない。 生きててもただただ、時間を浪費しているだけ…

独唱 障害と生かされる物

1年の振り返り大晦日を迎えてこの1年を振り返ろうと思う。人生の反省会だ。さてここまでの人生いろいろなことがあった。本当にいろいろあった。まず何から振り返ろうか。とりあえずこの1年での変化は恋人を失ったことと、仕事を失ったことが思い浮かぶ。な…

1年の振り返りとこれから。

久しぶりに更新します。 今回は日記みたいな事をつらつらと書いていこうと思っていますので暇があったらお付き合いしてくださいね。 久しぶりに何かを書こうと思ったのは、はっきりした理由があったからです。それは私が明日で誕生日を迎えるからです!もう…

20代と味噌汁

ここ最近、朝からランニングをする事が 日課になった。 まぁ、正確にいうと、 ただ家の周辺を歩いているだけなので、 散歩という方が正しいとのであろう。 だけど、散歩という響きは、 どうもおじさん臭い。 実際、僕はもう、 おじさんと呼ばれても おかしく…

太るのは自分に甘いからだろうか

休職、から退職。 この期間は4ヶ月。 生活は仕事をしていた頃より、 かなり変わった。 一人暮らしを辞めて、実家に帰化。 彼女とは別れる。 友達とは遊ばなくなった。 ただ自分を、見つめ直し、 出来るだけ行動するように心がける日々。 うん。自分を見つめ…

自分基準は満たされない

僕が人と話すときに 一番意識してしまうのが、 この人は自分のことを好意的に 見てくれているかどうかだ。 僕は人と話しているとき、 この人は自分のことをどう思っているか、 その事ばかり考えている。 相手が好意を示すなら、 こちらも喜んで好意的に接し…

どんなに過酷でも

誰にも必要とされていないのではないか。 ふと、そんな思いが頭に過ることがある。 僕の場合、人より覚えが悪く、 人や両親に迷惑ばかりかけ、挙げ句には、 発達障害という、精神障害者と認知された。 人様から見ると、出来損ないの人間。 であり、厄介者と…

なんとなく選択してはいけない

過去の自分を振り返ると、 なんとも情けない気持ちになる。 僕は本気で何かを手に入れたいと 思ったことがなかったからだ。 いつも、まぁこんなもんか。 と、妥協案に徹してきた。 それは、もう、華麗なほどに。 いつからか、求めるものは、 決して手に入ら…

望まなければ手に入らない

自分が何が欲しいのか。 それが分かっている人は 一体どれくらいいるのだろうか。 そりゃ、お金だとか自由だとか、 そういう、誰もが欲しがるものを 欲しがるのは分かる。 だけど、直感的な、なんていうのだろう。 一目惚れみたいに、これが欲しい。 そんな…

休職そして退職へ

休職してから116日目の朝。 天気は快晴。 目覚まし時計より早く目覚める。 時間は朝7時。 会社に行かなくていい毎日。 順風満帆。 ノーストレスライフ。 夢のような穏やかな日々…のはずである。 ある1つのことを除けば…。 それは、 いつになったら自分は動き…

コロナと人の心

コロナ騒動からもう早くも 半年以上の月日がたった。 そう思うと時間の流れは もの凄い速さだと実感させられる。 コロナで外出自粛と騒がれてもう、 かなりの時が経ったってことなんだから。 このコロナ騒動で誰もが、 いろいろなことを 考えさせられたので…

その物語に題名はない

人生は物語である。 その物語には題名はない。 立派な題名なんて必要ない。 僕等の物語は題名なんてつけられるほど、 一括にできるものじゃないだろう。 ハッピーエンドか、 バットエンドか、 決めるのは自分自身。 誰かがつくった物語りなんかじゃない。 …

今より先へ進むために出来ること

働くのをやめて、 もう長いこと時間が経った。 こんなに長く働かずにいると、 毎日が単調な繰り返しに思えてくる。 起きて、自分がやりたいことをして寝る。 今までとは、違う生活にも慣れてしまった。 休職を始めたときに比べると、 自分がやりたいことを…

歳をとると夢を見れなくなる

僕には、沢山のやりたいことがある。 WEBの勉強をして、 自分のホームページをつくりたい。 いろんな世界を自由気ままに旅したい。 自分の文章でお金を稼ぎたい。 お互いを支え会えるような、 パートナーがほしい。 いつか自分の本を出したい。 小説家にな…

自分が意味あると思い始めたことは必ず意味を持つ

こんなことを続けて意味なんて あるのだろうか? そういう思いに悩まされた僕は、 心療内科の先生に訪ねたことがある。 僕が相談した、こんなことというのは、 web関係の勉強や、 デイケアに通っていることである。 僕はなるべく、 理由や意味を考えないよ…